店先の後輩って珈琲を呑みながら余談。
家におけるパパ傍の母親の介護の部分や、資産分与で揉めて掛かるという話を聞かされた。

今まで普通に母親の介護を手伝っていた兄妹も、小遣いをもらった途端に「今後一切見逃す」と言い放ったみたい。
苦労して育ててきた娘は資産で揉め、挙句の果てには小遣いをもらったら専門済み対処。
今まで家事として過ごしてきた大切な時間は何だったんだろうと思っているに違いない。
ようやく誕生した瞬間の喜び、入学・完了・取り入れなどたくさんの面白味があっただろう。
娘をデラックスに育て上げる為に一所懸命働いてきて、次第にしようと思った場合クリニックに預けられ、そうして小遣いだけもらって面持ちは出さない。
これが今の日本の実態なのだろうか。
己の父母は健在だが、老後の事を考えるとついつい不安になる事がある。
小遣いも腹一杯掛かるし、出社との共存も大変。
自宅もある。
それでも幼きところの事を思いだすと父母を見切る事はできない。
いじめられてた場合かばってくれた母親、絶えずマッチに連れて行ってくれたおとうさん。
カップルがいたから今の己がいるのだ。
小遣いは有用だが、お金が一切ではない。
父母の情愛があったからこそ、今自分達はこうやって家計できている。
その事を後輩って話しながら改めて痛感した。

自分の老後はどうなっているだろうか。
つい見まがう。iPhone6Sに乗り換える前に知っておくべき情報